<< KEITH JARRETT続編(旧車マニア?) | main | 話のネタ。 >>

ピストン今昔

左:69年350DESMO純正 右:PISTAL RACING製4V用ハイコンプ

ごそごそと探し物をしていたら、出て来た古めかしいピストン。
確かこれは「BORGO 74、??」と刻印があることから、350DESMO純正品と思われる。
トップ、セカンドそしてオイルリング。
もう一本スカートにもオイルリングと合計4本のリング。
始めて見る方も多いでしょうね。4本リングのピストン。



片や、最新のデザインの鍛造ハイコンプピストン。
私も絶大なる信頼を寄せている「PISTAL RACING」。
最新のDUCATI4バルブ用。
なな何と美しい事!
特徴的なのは、裏側、ピンボス部から外側に向かうリブとブリッジ。
極限近く肉抜きされ、2グラム程度の重量差を補正するにも考えてしまう程。

何時の日だったか、YAMAHA M1のピストンを見る機会があった。
自信を持ってPISTAL製と言い切れる。
噂では、F1マシンやMotoGPのワークスマシンにも採用されているらしい。
ワークス御用達クオリティのパーツを、私達も使える時代って素晴らしいではないですか。

てなこと書いていたら思い出しちゃいました。
昔のツインレースは、750CC上下に別られ、開催されていました。
その当時は、F1やDB1を走らせたわけですが、クラスを超えた排気量アップ、即ちボアアップは好きではありませんでした。
先のシングルもそうでありますが、60年〜70年代のOHCやツインカムの燃焼室形状は半球状のデザインが主流の時代でした。
コンプレッションを上げようとすると、自ずとピストンヘッドは富士山形状に成らざるを得ないのです。
結果としてピストンヘッドの重量も増し、より高回転まで廻そうとすると、真に都合が悪いのであります。
また燃焼状態を考えると、ツインプラグに加工する解決案も一般的でしたが、それも好みませんでした。
エンジンらしい音や乗り味も独特で、それはそれで楽しい訳ではありますが。

それじゃ〜速くするのにどうしたかと言いますと・・・。
先ずは燃焼室をアルゴン溶接で肉盛り、求める適正な体積まで削り込み、バスタブ形状に仕上げ。
ピストンはフラットヘッドの出来る限り軽いものを選択したかったのですが、思うような製品が当時は無く、止むを得ずSTDのピストンを加工して使用しました。
カムにはNCR♯7相当品を使用、一度大きくしたバルブは重く、しかもオーバーラップ時にバルブの傘同士が当たってしまい、敢えてSTDに戻し当然若干の軽量加工しました。

結果は想定した出来栄えで、見事12000回転まで実戦で使用しました。
並み居るボアアップされたマシンにも引けをとらず、先頭集団でレースが出来ました。
唯、反省すべきは、6000回転以下は全く実用性が無くなってしまい、ライダーにはミスを許さない気難しい特性となってしまった事でしょうか。

大して物がない時代に比べると、今は様々なパーツが安易に手に入るいい時代となりましたね。
自身のマシンのモデファイにあたっては、しっかりとコンセプトを持ちましょうね。
ただ単にパーツをつければいいって物ではないんですよ。

と、言いつつ、今日はこの辺で。

☆ISM☆






コメント
本日、シルヴァ−バ−ドにおじゃましましたところ牧野さんにCUPに向けての取り組み方や練習方法などを少しブログに書き込んでほしいとのことをたのまれましたので、これから何回かに分けてこちらのブログに書き込ませていただきます。自分が取り組んできたことがみなさんの参考になるかどうかはわかりませんが、このことがきっかけで1人でもレ−スをやってみようかな〜という人が増えていただければうれしいです。

ライセンスを取得したのは今年の1/28です。昨年は走行会などで3回ほど走行したのみです。この時ではタイムは1分20秒位でした。車両はノ−マルのまま、タイヤもパイロットスポ−ツでした。1分10秒を切るまではノ−マルのままでいこうと決めていました。SS1000DSのスペックならノ−マルでも8秒までいけると聞いていましたので少なくともそのレベルまでは車両はイジらない方があとで苦労しなくてすむと思いました。このことは今だから言えますがよかったと思います。

サ−キットではフルスロットル、フルブレ−キが1番のキモです。これができてはじめて次の段階に入ると思います。

え〜、おこちゃま石井は眠くなってきたので続きは明日に。
あすはお休みなのでゆっくりと書き込みます。

では、また明日。

P,S
牧野さん、こんな感じでよろしいでしょうか?
ボツなようでしたら削除してください。
  • お菓子や石井SS
  • 2006/07/19 12:03 AM
お菓子や石井SSさん。
早速に有難う御座います。

石井さん用の新しいカテゴリーを作りますので、そちらに書き込み頂けたらと思いますが如何でしょうか。
「お菓子や石井Cup参戦記」って、タイトルで如何でしょう。
SSとの出会い辺りから、日々の進化の過程を日記風にでも書いて頂きますと、次の方達の指針になるのではないでしょうか。
  • ☆ISM☆
  • 2006/07/19 3:38 PM
牧野さんありがとうございます。

では、NEWカテゴリ−ができ次第そちらに書き込ませていただきます。今からメモメモしておきます。

とりあえず、ひとこと言わせて頂くと、
サ−キット!&レ−ス!はサイコ−です。
  • お菓子や石井SS
  • 2006/07/19 6:26 PM
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
Silverbirdのトップページへ
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM