<< ジレラランナーの修理 | main | スクランブラー SIXTY2 クラッチ >>

グース250をモディファイする。

 

何となく、ジレラ・サトゥルーノに似てしまった感がありますが、元を糺せば仕方ないのかな〜と。

カウルを装着し、フレーム後半をカットして小さめのシートカウルを装着してスッキリと。

どちらもに我が自前のオリジナル品。

EXは、車種不明のステンレス製ヨシムラメガフォンを加工してワンオフ製作。

見えてはいませんが、スイングアームピヴォットのサイドプレート内にはカラーを製作し、貫通のシャフトを入れてステッププレートを脱着しやすく加工しました。

残すはオーナーさん自らのペイント次第。

DUCATIや輸入車にかかわらず、色々な車種が持ち込まれます。

オーナーさんの希望に添えるのであれば、車種を限定せず出来限り希望を叶えて行きたいと思います。

 

☆ISM☆

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
Silverbirdのトップページへ
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM