<< トライアンフT140ボンネビル中古車 | main | APTCクラッチ入荷 >>

bimota DB6フュエルライン




ラインの表面からクラックが発生し燃料漏れ。
点検では発見し難いし予測も難しい。
そもそも純正装着品のクオリティの問題である。
曲げ成形していないストレートのホースを結構小さめに曲げて装着している為の結果であろう。

国産の同一形状で、耐圧・対油、しかもしなやかな燃料ホースを使用して、全ての燃料ラインを交換した。

DB5,DB6等々は試用期間や生産年度に拘らず、交換したほうが良いでしょう。
ホースとクランプの準備が何時でも整っています。

☆ISM☆
コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
Silverbirdのトップページへ
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM