工具を作る!

JUGEMテーマ:車/バイク

4バルブのカムシャフトロックナット用ツール。
純正工具が壊れてしまい、S45C丸棒が手元にありましたので、自作です!
華奢な純正より良さそうです。
☆ISM☆

M1100のタペットカバーですが???

内面のペイントの剥がれ。

塗装工程の後に切削作業が成されていると予測できるが、以前から変わっていないな〜と。

オイルに混入したら面倒なことになるのに。

タペットカバーを外す機会には、内部のペイントを剥しておいた方が後々のためには賢明でしょう。

 

スクランブラーのFフェンダーステイにクラック!


 

春休だというのに、タイミング悪くクラック発生!

内側に1.6mmの鋼板を切り出し内側にアルゴン溶接し、時間の制約があるため、とりあえずの缶スプレー塗装。

予定されていたツーリングに間に合わせました。

フェンダーの内側に装着されているスタビライザー効果の為なのか、結構な重さの鉄板が共締めされています。

これをアルミやカーボンに置き換えれば、ステーの負担も軽くなるかもしれません。

新品のパーツが入荷したら実験してみようかと思います。

 

☆ISM☆

MTS1000DSのフレイム補修

グラブバーの受け部分のクラック。
D/P製のトップケースが装着されていましたが、その影響でしょう。



パッチを当ててTIG溶接して刷毛塗りタッチアップ。



ムルティのオーナーさんでトップケース装着の方は要注意です。

☆ISM☆


 

エ〜何で?





スポクラのパーツリスト。
フュエルラインのジョイントユニオン。
No.8と9が消えています。
2種類2本ずつのOリングでしたが、現在は下の画像の様に、ユニオンASSYの設定となっています。
フュエルタンクのメンテで時には外す必要があります。
安価なOリングだけの交換で済んでいた訳ですが、ユーザーさんの負担は大きくなります。
細かいことですが・・・メーカーは何のために誰のためにあるのか、考えさせられます。

☆ISM☆

遠く金沢から



わざわざ遠路金沢から自走。
少々のメンテと、来春までの冬眠。
ユーザーさんのご希望で、我がガレージに春までお預かりすることになりました。
お帰りは羽田から飛行機。
ここまで信頼をいただけるとは有難い限りです。

☆ISM☆

 

モンスター796のスターターモーター

JUGEMテーマ:車/バイク


M796。
エンジンが組み上がり、さて始動・・・。
プラグを抜いた状態では廻るが、プラグを装着すると廻らない。
モーターを外してバラす。
なんじゃこれ。
ブラシが4ケとも割れている。
補修パーツの設定が無く、しかもブラシのベースプレートはボディにカシメで脱着不能でアッシー交換しか手が無さそう。
はなからリペアは考慮されてはいない。
以前のDENSO製であればリペアも可能なのだが、本体にはMADE IN TAIWAN。
聞けば、696、796で同様のトラブルが1万疏行程度で発生しているケースが他にもあるよう。
これって保証期間関係なくメーカー保証なんじゃ?と思う次第だが。
1万舛撚れるなんて、ただただ呆れちまいます。

☆ISM☆

モンスター796だが

JUGEMテーマ:車/バイク


エンジン不調で入庫のM796。
開けてビックリ!このカーボン堆積。
走行距離は、僅かに1万Km程度、何で・・・。
原因を探りながらの作業です。

☆IISM☆

M796トラブル????



それは昨日の夕方の出来事でした。
M796のユーザーさんから、近くのGSよりレスキュー依頼の電話。
セルモーターが廻らないのだと。

本日点検作業。
すんなりとスターターでエンジン始動!
アレレって感じ。
バッテリーやレギュレーターかとも予測したのですが。
実はこの個体、大手全国ネットの量販店で販売され、しかも数日前に点検を受けたばかりだと。
エンジンオイルはキープのドラム缶に入ったELFオイルなのだそう。

ならば機能と同じ状況を作ってみようと、エンジンをチンチンに暖気してから止める。
その後ガソリン給油相当の数分後、セルボタンを押す。
ダメ!廻らない!これだねトラブルは。
エンジンオイルには、EPLにPL500を添加してフィルターも交換、きつめに調整されたタイミングベルトを適正にセット。
これで再始動も問題なく解決しましたが、今後暫くは要注意です。
オ〜怖。

空冷マシンは夏場のオイル、注意しましょうね。

☆ISM☆
 

空冷1100エンジントラブル



驚きです。
トラブルで入庫の車体。
1100ツィンプラグ。
エクゾーストのバルブ傘の付け根からポッキリ、折損していました。
クローズのタペットクリアランス正常、カムやベルトなどにもそれらしき症状は無い!
バルブの断面付近を観察すると、僅かですが傷らしき痕跡がある。

走行中のトラブルですので、ピストンヘッドやシリンダーに傷は有るものの、この程度で済んで良かったと。
運が悪ければ重大な事故になりかねません。

☆ISM☆
 
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
Silverbirdのトップページへ
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM