PIRELLI ファントラックデイ袖ヶ浦フォレスト



ARAさん、しおチャンとスリーショットに収まる。
偶然訪れたARAさんの登場に大喜びのしおチャンです。
WSBの頃、ティームスタッフとして共に戦った戦友。
時の流れを忘れさせる一瞬でした。

子育てしつつ、自宅を新築してもなおバイク遊びを忘れないからこその再会。
ヒーローや昔一緒に走った仲間と過ごす至福の一時。
ケイタリングのお弁当を囲みながら、バカ話にも花が咲く。
イイな〜バイク!

☆ISM☆

袖ヶ浦フォレストレースウエイ

 

茂原方面に納車の帰り道。

アレッ、舗装されてる!
Uターンして確認しちゃいました。
入り口までの道路が綺麗に舗装されているでは有りませんか。
ここは元々林道だったようで、穴ぼこだらけの砂利道。
自前のトランスポーターは大きすぎてコース外周路の入退路を走ることが出来ず、やむなくこの道路を使用していたのですが、次からは安心です。
四輪を積載してこられる方には特に朗報ですね。

☆ISM☆

SuperMax決勝動画

 
http://www.youtube.com/watch?v=toBQO9XAutE


区間タイムの検証

 

ARAKAKiの区間タイム表。

各セクションでのベストタイムがバラけている。
仮にクリアラップと仮定して、各ベストラップを合計すると、1分01秒105となる。
ベストで繋ぐという事は更にタイムアップの可能性が高いわけで、0秒代へ入るハードルは高くは無い。
エンジンの耐久性を気にしない程度のパワーアップでいけるだろう。
それよりも先ずはECUの方が先決。
思いの外ラム圧が掛かっており、プラグが白い。
たとえノーマルエンジンでも、キチンと組み直してフルコンでマネージメント出来ればコンスタントに0秒台で走行出来るかと考えているところです。

なかなか興味深い表ですが、タイムの遅い前車を抜くのにタイムロスしている事が読み取れます。
最高速は以外にも205Km/h。
0秒台で走る最速グループは一体どの位の最高速を記録しているのか知りたい。
誰か教えて下さい。

☆ISM☆

SuperMAX筑波の結果

 




予選−1分01秒816
決勝−1分01秒629

予選では、フロントブレーキが今ひとつでタイムが延びませんでした。
決勝は、ルール上最後尾からのスタートで、1000DSのノーマルエンジンではスタートのジャンプアップもままならず、周回毎に内から外からレーコードラインを外して抜いていくレース展開となり、タイム更新はならないかと思いましたが、予選タイムを少々上まりました。
正直に言えば、1秒フラットあたりをと目論んでいたのですが、あの状況では仕方有りません。
決勝前にはブレーキも完治して臨みましたので、最後尾スタートででなければと悔やまれます。

今回のレースにあたり、御協力を頂きました皆様方、そしてエントリーを快諾頂き配慮を頂きました主催者様には感謝をしております。

☆ISM☆

ARAちゃん来店!

 

何の前触れも無く、突然ARAちゃんがやってきた。
bimotaの取材撮影の帰りなのだと。
逢いたいな〜と思っていたこの頃、想いが通じたのでしょうか、なな何と嬉しい事。

久し振りにジックリと話が出来、有意義な時間を過ごしました。
近々、我が家の出来立ての新米を送る約束と、この秋に07Rで筑波タイムアタックをお願いして快諾を得ました。
その先はその先で、成る様にしかなりません。
急ぎ冬にバラしたままの07Rをリファインして組み立てなければ。

久し振りに刺激的な心躍る今日でした。
人生、刺激が一杯無ければ愉しく有りません。
人生一度きり、愉しく遊ぼうぜ〜。

☆ISM☆

ARAちゃんのブログ


ARAちゃんのブログから勝手に拝借!

チョッと油断をしているとアッという間に一週間、10日が過ぎて行く。
お盆休みがあったとはいえ・・・

たまにはARAさんどうしているかとブログを覗けば、タイムスリップしたかのような光景が。
マシンはTIOさんの888CORSAと思われる。
TIOのカワセさんからもARAKAKI君に乗ってもらったと、その他相談事の電話つぃでに聞いてはいた。
当時製作したECUのチップは果たしてマッチングしたのでしょうか。
お貸しはしたものの結果を聞いていない。

昔話にも触れたARAちゃんのブログ。
http://ameblo.jp/aradiary/page-4.html#main
覗いてみてください。

・・
・・・・
そうだ!シルヴァに塗ろう。

☆ISM☆

ベベル750Sレーサー



 ♯51氏ご来店。
御自身のDUCATI750Sの進捗具合を確認に来られた。
ポジションや形。
サスペンション、ホイールやブレーキといったパーツはディメンション確認のための暫定装着。
LOCや国内クラシック規定の範囲で出来るだけの作りこみをしています。

ほぼOKを頂き、2時間ほど打ち合わせ。
色は、「明るいシルヴァにしましょう。」と嬉しいこと言って下さいます。
今日始めて外に出し、気になるところも有り、これは私の拘りで修正です。

進行具合は、その折々ご紹介していきます。

☆ISM☆

BOTT同窓会

会場からの帰り道・丸の内のイルミネーション
会場近くの丸の内

BOTT仲間の同窓会に行って来ました。
DUCATI、GUZZI、BMW、HD、シングル、クラシック等々のショップやティーム、メディア関連の方々、レース主催車側の方々、パーツメーカーの皆さん、そしてエントラントの皆さん、沢山の懐かしい方々とお逢いしてきました。
中には遠く九州や関西方面からご参加の方々もいらっしゃり、頭が下がります。
懐かしさのあまり昔話に花は咲きますが、これから何とかしていきたいという話も聞けました。
昨今の経済状況の中で、どうイベントを仕掛けていったらいいのか難しいところではあります。
微力ではありますが、何か協力できる事は無いのか考えさせられます。

決定しているのは。
9月18日・筑波サーキット。
輸入車だけのイベントが開催されるそうです。
ガレージに眠るマイレーサーを復活させたら如何でしょう。

☆ISM☆

1098 DUCATI Cupに向けてサスペンションを見直す。



鈴鹿デライト製のリアサスリンクキット。
一目瞭然、レバー比が全く違う。
全日本JSBで鍛えられ、輝かしい成果を挙げた結果としてのパーツは安心してユーザーさんにお勧め出来る。



リンク類を外した序でに、当然のことながらチェーンのテンションを確認したのですが、タイヤを装着すると何とアンダートレイに干渉するでは有りませんか。
STDのドリブンスプロケットとチェーン、アンダートレイもDUCATI Performance製と純正同士の組合せなのに…チョッと驚きました。
デライトさんのパーツとは一切関連は無いのです。
エキパイのループ部分とはクリアランスが十分にありますので、ユーザーさんに了解を得て、アンダートレイの後部を20mmカットする事となりました。
カット部分は溶着してペイント仕上げです。
予定外の作業となりました。

極限まで攻めるというよりは、気持ち良く安全に怪我をしない範囲で大人遊びをする、というコンセプトで仕上げています。
DUCATI Cup筑波に向けての準備です。

☆ISM☆

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
Silverbirdのトップページへ
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM